生理痛がある人もいればない人もいるのはなぜ?生理痛の仕組み

生理痛がある人は毎月やってくる生理が憂鬱です。体がとてもだるくなったりお腹が痛くなったり、1日目2日目は動けないという人もいます。またその逆で生理とは思えないというほど全く生理痛のない人もいます。同じ女性でもこれだけ違いがある生理痛はどうして起こるのか?

*

トリキュラーを出来るだけ安く購入する、個人輸入の方法

      2016/06/12

避妊だけではなく、生理痛やPMS(月経前症候群)の改善、ニキビの治療にも使われているトリキュラーは、配合されている女性ホルモンの量が少ないため、低用量ピルと呼ばれています。

21日間飲んで7日間休む、という28日間のサイクルを繰り返すので毎月1シートを使います。低用量ピルはどの種類も、ドラッグストアなどでは販売されていないため、病院から処方してもらわなければいけないのですが、生理痛ではない場合には、診察料やトリキュラーの代金も全額自費負担となってしまうため、28日分の1シートが2000円~4000円かかってしまいます。

低用量ピルの場合、服用している間は効果がありますが、服用を止めてしまうと効果はなくなります。継続して避妊したい時には毎月服用しなければならないため、費用も高額になってしまいます。

ずっと使いたいからもっと安くトリキュラーを購入したい、という場合には個人輸入を行うことができます。

個人輸入なら診察料も処方せん料も必要ない

個人輸入とは海外から購入するという事です。

自分で使う分の医薬品を個人輸入する事は、法律で認められているため、何の問題もありません。病院に行く手間もなく、診察料や処方せん料も必要ないので、病院で処方してもらう値段よりかなり安く購入する事が出来、まとめて買う事で更に安くなります。

しかし、海外からの購入の場合には、その国の言語やお金で支払わなければいけないのではないか?と不安になってしまいますが、そんな時に利用したいのが代行サイトです。現在、多くの個人輸入の代行サイトがあり、海外から医薬品や美容品などを輸入する手伝いをしてくれています。

代行サイトは日本語で制作されていて、見た感じは日本の通販サイトで購入しているのと同じく、普通にネットショッピングを行っているように見えます。支払いも銀行振り込みやクレジットカードなど、普通のネットショッピングと使い勝手は何も変わりがありません。

代行サイトなら好きなタイミングで購入

24時間、いつでも自分のタイミングに合わせて注文ができるので、診察料を安くしたい人だけではなく、なかなか病院に行って処方してもらう時間がとれない人にも支持されています。

注文をして支払いを行ってしまえば、後は代行サイトが海外とやり取りして、トリキュラーを自宅まで配送する手配を行ってくれるので、家で待っているだけの手軽さです。

1つ注意しておきたいのは、日本国内のネットショッピングとの違いは、注文後に海外から自宅へ直接送られてくるため、到着までに2週間程度の時間がかかってしまうことだけです。代行サイトによって違いがありますので、購入をする前にきちんと確認をしておいた方が安心です。

そのため、無くなりそうになったら早めに購入する点を注意してください。