通販での薬購入に違法性はあるのか

インターネットの普及によっていろいろな商品が自宅にいながらにして購入できるようになっていますが、薬もその例外ではありません。
医師の診察を受けて病院で処方してもらったり、近くの薬局で購入するなど、対面販売で購入することが躊躇われるような薬も通販を利用すれば気軽に購入できます。
また日本国内では製造販売が認められていない薬を個人輸入によって購入するケースもあります。
このようなインターネットを利用した薬購入に違法性があるのかどうかは購入する薬とその量によって変わってきます。
覚せい剤や大麻といった禁止薬物が個人輸入を認められていないのは言うまでもありませんが、向精神薬も個人輸入することは認められていません。
したがって向精神薬は医師の診断を受けて処方されるという手順を踏む必要があります。
このように禁止されている種類の薬でなければ、その量次第で個人輸入が認められています。
最近では育毛治療薬やED治療薬などいろいろな種類の薬を個人輸入するケースも増えてきています。
対面販売では購入しにくいという面もありますが、個人輸入を使えば国内では販売されていないジェネリック薬を購入できるというメリットもあります。
これらは量を抑えることで輸入可能となっています。