通販で購入できる薬の種類とは

2014年6月、今まで禁止されてた第一類医薬品と第二類医薬品のネット販売が原則解禁となりました。
ただし、すべての医薬品がネット通販で買えるようになった訳ではありません。
ネット通販で購入が可能かどうかは薬の種類によって異なるので注意が必要です。
まず医薬品には大きくわけて医療用医薬品と一般用医薬品があります。
前者は医師の処方箋が必要で、後者は処方箋がなくとも店頭で購入する事ができます。
今回ネット通販が可能になったのは一般用医薬品の方になります。
一般医薬品は副作用などのリスクが相対的に高い順に一類、二類、三類と分類されていて、今まで一類と二類は店頭で薬剤師の説明を受けなければ購入することができませんでした。
第一類の代表的な薬品は胃腸薬、鎮痛剤、育毛剤など、第二類には風邪薬、解熱剤、漢方薬などがあります。
これらが解禁になったことで、患者や消費者には利便性がもたらされました。
家の近くに薬局がない場合や、体が不自由で家から出るのが困難な場合、通販はとてもありがたいものです。
プライバシーの問題で対面だと購入しにくい薬もスムーズに入手できるようになりました。
逆に薬の飲み合わせや副作用については、消費者自身が責任を持って管理していくことが求められます。