海外医薬品と国内の薬の違い

現在日本国内の病院や薬局で処方されている薬は、多くが日本の製薬会社よって開発されて認可された薬です。
それ以外の薬と言えば外国から輸入された海外医薬品になります。
日本ではたとえ未承認の医薬品でも、法律で定められた範囲で医師の処方があれば服用することが可能なのだそうです。

海外医薬品の場合、国内の薬とは違い開発されてから日本国内で実際に使用されるようになるまで多くの時間がかかってしまいます。
欧米各国では1,2年ぐらいなのに対して、日本で海外医薬品が認可されるのは5年近くかかってしまうそうです。
その理由としては行政機関においての承認審査の遅さ、臨床試験の実施体制の基準整備に不十分な面があるということ、国内では臨床試験に参加してくれる患者さんが少ないと言うことがあげられます。

厚生労働省では、このような医療上必要性の高い未承認薬や適応外薬の問題を解決するため、日本の製薬会社に対して新薬の承認取得の専門支援や開発のための資金援助を実施したりしています。
また日本製薬工業協会は未承認薬等開発支援センターを設立するなど、日本における医薬品問題を解決するため、官民一体となって未承認薬や適応外薬の問題を解消しようという流れができつつあるようです。